©Photo by Yutaka Nakamura
Hair Design by Ken Utsunomiya (capelli d'angelo)
Make up by Asako Nagashima

指揮者 村中大祐(Daisuke MURANAKA)

 東京外国語大学ドイツ語学科を卒業後、ウィーン国立音楽大学で指揮を学び、トーティ・ダル・モンテ国際オペラコンクール指揮部門「ボッテーガ」と第1回マリオ・グゼッラ国際指揮者コンクールで、いずれも第1位を獲得。フルトヴェングラーの高弟で20世紀最高のモーツァルト指揮者、ペーター・マークの薫陶を受け、また今年他界したクラウディオ・アッバードの下でも研鑽を積む。
1995年、急病の師ペーター・マークに代わって、公演初日2時間前に急遽抜擢されて指揮したモーツァルトの歌劇「魔笛」は、イタリア内外での話題を呼ぶ鮮烈なデビューとなった。
これまでにヴェネチア・フェニーチェ歌劇場、パレルモ・テアトロ・マッシモ、新国立劇場(日本)、スイス・ザンクトガレン・オペラ・フェスティバルや英国グラインドボーンオペラ(アジア人初)などに登場し、ボーザル・ホール(ブリュッセル)、カドガン・ホール(ロンドン)、ドヴォルザーク・ホール(チェコ)、サーラ・ヴェルディ(ミラノ)等の演奏会に登場。オペラとコンサートのいずれでも世界各地で絶賛を博している。
国内では、これまでNHK交響楽団をはじめとする国内主要オーケストラに招かれ、新国立劇場で指揮したモーツァルトの歌劇「魔笛」では第11回出光音楽賞(2001年)を受賞。これまでに第19回ヨコハマ遊大賞受賞(2007年)。また横浜オペラ未来プロジェクト「秘密の結婚」が三菱東京UFJ芸術文化財団音楽賞(2009年)を受賞している。
2006年~2009年、横浜開港150周年記念事業「横浜オペラ未来プロジェクト」の企画・立案を行い、同プロジェクトを芸術監督として成功に導いた。また2006年、Orchester AfiA(アフィア)の前身となる横浜OMPオーケストラを設立し、内外のアーティストの人材流通拠点を横浜に創出したことは、日本国内のみならず海外でも大きな反響を呼んだ。
2013年にはOrchester AfiA(アフィア)を創設。『自然と音楽演奏会シリーズとして、東京の鎮守の森・浜離宮朝日ホールでの一連のコンサートを開始。第二回「満月に寄す」公演では、鎌倉鶴岡八幡宮の神嘗祭に合わせ、同社、若宮にて奉納演奏を行っている。
2013年11月からは英国ロンドン・カドガンホールにてイギリス室内管弦楽団(ECO)との『自然と音楽』シリーズを開始。2014年4月にはベートーヴェン「田園」などを熱演して、満場の聴衆からスタンディングオヴェーションで迎えられた。また、2015年に同地で行ったメンデルスゾーンの「スコットランド」の演奏は、現地の音楽評論家から絶賛されている。更に同年、英国チャールズ皇太子御臨席演奏会で演奏したベートーヴェンやシューベルトの解釈が英国人に絶賛され、イギリス室内管弦楽団より「国際招聘指揮者」というタイトルが付与されている。
国内では2015年12月に紀尾井ホールでOrchester AfiAと演奏したマーラー「大地の歌」コルテーゼ版の日本初演が内外の注目を集め、その模様はBSフジの「夢の食卓」で「指揮者村中大祐の世界」として放映されている。
2015年には若林工房から「AfiAレーベル」CD第一弾としてメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」と「弦楽八重奏曲」のCDが発売され、新聞紙上ならびに「レコード芸術」などで絶賛された。また2017年にはAfiAレーベル第二弾として、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」に併せ、第5番「宗教改革」の珍しい初稿版がリリースされ話題となっている。
2016年には村中大祐がOrchester AfiA(アフィア)やイギリス室内管弦楽団と共に推進する“「自然と音楽」演奏家シリーズ”のコンセプトが、世界3000を超える音楽団体が加盟する「クラシカル・ネクスト(Classcal:NEXT)」のイノヴェーション・アワードにノミネートされている。
メディアでは、テレビ朝日系列「題名のない音楽会」、日本テレビ系列「深夜のコンサート」、BSフジ「夢の食卓」やNHKFM、NHKBS、NHK教育テレビ、TOKYO FM、FMヨコハマ、TVKなどに多数出演。

更に詳しく
オフィシャルWebサイト:http://daisukemuranaka.com


© AfiA LLC. 2017, Yokohama, Japan. All rights reserved.